ドクター

痛風は予防すれば大丈夫|辛い症状のまま過ごさないようにしよう

このエントリーをはてなブックマークに追加

脳の血管の危険な疾患

診察

脳動静脈奇形とは脳出血や、てんかん発作を引き起こす可能性のある脳の血管の危険な疾患です。ただ、先天性なので予防は不可能で、また、自覚することも難しい疾患です。しかし、脳ドックという脳の精密検査を受ければ、脳出血や、てんかん発作が起きる前に発見することができます。

もっと見る

お酒の量に注意

手

アルコール依存症は定期的なチェックで未然に防ぐことが大切です。そこで都筑区の内科ではお酒を毎日たしなむ方のための内科検診やアルコール依存症のスクリーニング検査などを合わせて行っています。お酒を飲むことが多い方や毎日の飲酒量に不安を感じている方は都筑区の内科で相談して検査を受けるようにしましょう。

もっと見る

対処療法と発作予防

シニア女性とナース

発作の起きるメカニズム

激痛を伴う発作には尿路結石なども知られていますが、痛風発作によって生じる激烈な痛みは最も代表的な例です。その痛みは骨折時をも上回ると言われており、患部が赤く腫れ上がったり熱を帯びたりする場合も少なくありません。血液中には健康な人でも一定量の尿酸が含まれていますが、痛風発作を起こした人の多くは尿酸の血中濃度が非常に高くなっています。尿酸濃度が高くなって結晶化すると足指などの関節に溜まり、この結晶を異物と認識した白血球の好中球が捕食するのです。通常は細菌などを捕食している好中球の活動が活発になると、炎症物質が放出されて周辺組織に炎症を引き起こします。特に足は体温が低いため血液中の尿酸が結晶化しやすく、重力の影響も受けて余計に尿酸結晶が溜まりやすくなっています。こうした痛風発作を起こす原因としては、尿酸の材料となるプリン体の過剰摂取がよく指摘されています。一方で新陳代謝の際に壊される古い細胞にもプリン体が多く含まれており、食品からの摂取量よりも体内で作られるプリン体の方が多いものです。代謝が正常なら尿酸は速やかに排出されますが、激しい運動や水分不足によっても尿酸値が高くなる点は要注意です。

薬の効果と発作予防

痛風患者は全国に60万人から70万人ほどいると推定されており、痛風予備軍の高尿酸血症はその10倍にも達すると言われています。血中尿酸濃度7mg/dL以上で高尿酸血症と診断されますので、健康診断でそのように診断されたら発作の予防も必要となります。発作が起きてしまった場合には、内科または血液内科を受診することで症状を抑える薬を処方してもらえます。関節の炎症を引き起こしている直接の犯人は白血球の好中球ですので、この好中球の活動を抑えるためのコルヒチン製剤が効果を発揮します。患部の炎症を抑える目的で消炎鎮痛薬を使う際には、胃壁を保護する薬が同時に処方される場合も少なくありません。この他に尿酸の排出を促すために利尿剤もよく使われており、こうした薬を飲むことによってつらい痛みからも解放されていきます。痛風は適切な治療を受けないまま放置していると何度も発作を繰り返し、そのたびに痛みの発生個所が足指以外の関節にも拡大していくものです。そのため痛風治療は薬による対処療法ばかりでなく、発作を予防するための生活指導も重要です。飲酒の制限や適度な運動とストレス解消など、具体的な方法は医師が教えてくれます。

すい臓の悪性腫瘍

患者と先生

細長い臓器であるすい蔵は胃の裏側にあります。主な機能として、インスリンやグルカゴンの生成を行なっており、これらが血糖値の上昇を抑えてくれます。疾患としてすい管にがん細胞ができたら、すい臓がんであり、急速に進行するのが特徴です。そのため、これに侵されたときは外科療法を行なうことが大切です。

もっと見る